冷茶の作り方

作り方で味わいに変わります、お好みの作り方で冷茶を楽しみませんか。

湯の温度と味わいの関係

味わいに関係する成分はお湯の温度により溶出度が異なってきます。この特性を理解し自分好みの美味しい冷茶を作ってみましょう。

湯と温度と溶出成分のイメージ図

  • アミノ酸類・・・甘味や旨味
  • カテキン・・・渋味
  • カフェイン・・・苦味

アミノ酸類の甘味・旨味は甘みのある柔らかな味わいを作る要素となり、カテキンとカフェインの渋味・苦味はキリッとスッキリした味わいを作る要素となります。図の通りアミノ酸類はお湯の温度に関係なく溶出しますが、カテキンとカフェインは温度が高くなるほど溶出しやすくなります。


◆ 甘みのある柔らかな味わいの冷茶なら「水出し、または温めのお湯で」
◆ キリッとスッキリした味わいの冷茶なら「熱めのお湯で」
それぞれ淹れるとよいでしょう!

「甘みのある柔らかな味わい」

水でじっくり抽出

温めのお湯で抽出


「キリッとスッキリした味わい」

熱いお湯で抽出

熱いお湯で抽出


新井園万葉堂

埼玉県所沢市狭山ヶ丘1-2996-5

04-2949-1140

info@araien-manyodo.com

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

営業時間:9:30〜17:00

定休日:日曜日